身体の慣らし運転

デスクワークやテレワークを続けている方の眼精疲労・腰痛発症が多いそうです。

私自身も会社員生活で、PC画面を見つめて集中していると、

あっという間に時間が経ち、

肩・背中・腰がガチガチに凝ったわ~!ってこと、多々あります。



いろんな先生たちが言うんです。

「20分ごとに休憩してストレッチしましょう!」とか、

「1時間に1回は、PC画面から離れて目を休めてあげましょう!」とか。



重々分かっているのですが、

仕事中に時間を計ってられないし、

早く帰りたいから、ゆっくりストレッチする時間なんてない!!



ストレッチできるとしたら…

お手洗いに行くときか、別のフロアに書類を持っていく時でしょうか。

そんな隙間時間を見つけた時、

私は職場ビルの階段の踊り場(ほとんど誰も来ない)に行って、

2~3分ストレッチをします。

前屈したり、伸びをしたり、ルーシーダットンのポーズをします。



腰痛を軽減するためには、脊柱起立筋(背骨に沿うようについている筋肉)と、

腰周りの筋肉(お尻・太もも裏)のストレッチが良いので、

階段の手すりに両手でつかまって、

身体を前屈するように折って、お尻ギューーっと後ろに突き出すと伸びやすいです♪

あんまり真剣にやってると、巡回に来た警備員さんに気づかず、

笑ってごまかしますけど…(笑)


運動習慣をつけるのが苦手な方も、


身体をいつも動きやすくしておくために、

気づいた時にちょっとだけストレッチをしましょう。

1日数回、身体の慣らし運転するのがオススメです。



★初めてミニレッスン動画を作ってみました。

 こちらもお試しください。


ちさ



  • Facebook ホワイトアイコン
  • Twitter ホワイトアイコン
  • YouTube ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン